四季 〜春、夏、秋、冬〜

外出を控えているので、更新されないことも多いかと・・・(いつものことですけど・・・)。

これまでの四季の写真のURLを貼っておきます。

既に公開した写真ばかりですが、気が向いたら、日本の季節を楽しんでください。

楽しめるかは「?」ですけど・・・楽しめなかったらごめんなさい。

早く、皆が日本の四季を楽しめると良いね。😃

2020年11月26日 (木)

好きな景色、みっけ!

これ、好きなんですよ。

なんてことないものなのだけど・・・。

20201121-hatonosu705_00007

2020年11月23日 (月)

函嶺洞門へ Let's Go !

紅葉も徐々に身近なところまでおりてきた。

箱根湯本付近は、もう少し待っても良さそうだが、3連休だったこともあって、ちょこっと見に行ってきた。

函嶺洞門って、以前は車で通ることはあったのだが、実はじっくり見たことはなく、ただただ通過。

現状では近づけないように柵が立ってしまっているが、紅葉と相まって、貫禄十分だった。

バックが青空なら、もっと紅葉が際立っただろうが、空は雲で覆われていた。

本当は、洞門に近づいてじっくり見たかったが、車が多いので、道路を挟んだ反対側から。

紅葉を見ながら、色々とぶらぶら歩いたが、バスに乗るよりは、歩いた方が早かったようだ。

この連休中は、皆さんコロナにさらなる注意を払い、自粛ムードが漂うのかと思いきや、車は大渋滞。よって、バスも動かず。

頼りになるのは、自分の脚力とのこととなった。

20201122-kanreidoumon601_00017

2020年11月22日 (日)

魚道を見に Let's Go !

今回の奥多摩散策は、ハイキングもさることながら、これをみたかった。

こちらの施設、初めて来たと思うのだが、なんとなく見たことある光景。

やっぱ、同じコースを以前歩いたのかもしれない。

物忘れが激しくなっているのか・・・。

できれば、お魚がせっせと登ってくるところを見たかったが、魚がいても薄暗いので、老眼には厳しい環境であることは言うまでもない。

写真は、外の魚道。

せっせとここを登って、ダムを越えることになる。

人間がダムなんてものを作らなければ、良かったのかもしれないけど・・・。

鱗が剥がれるかは分からないが、” Fight! ”、お魚さん。

20201121-hatanosu713_00003

2020年11月21日 (土)

鳩ノ巣渓谷へ Let's Go !

コロナ感染者数が増える中、Go Toトラベル、Go To イートの使い方すら知らないまま時を過ごしている人間からすると、なにお今更、って感じ。

天気が良い3連休。

じっとしていることもできず、奥多摩まで足を運んだ。

奥多摩はたまにきた記憶があるのだが、鳩ノ巣は初めてと思っていたが、意外と来ていそうな感じ。

紅葉はまずまずだったが、晴天のため、谷の片側が日陰で潰れ、写真を撮るには難しい条件となってしまう。

今回は、ハイキングを楽しむことを主目的においていたので、写真は二の次だったのだので、あまり気にはしなかったものの、やっぱ綺麗な紅葉を目にすると写真におめたくなると言うものだ。

ところが、何年も前から調子の悪いズームレンズを持っていったものだから、途中でシャッターが切れなくなるわで、イライラが募るばかり。

そろそろレンズも買い替えないとダメかな〜、なんて、新調する口実作りで頭はいっぱいとなった。

20201121-hatonosu701_00004

2020年11月14日 (土)

何でこんなことに???

カメラバッグを空けたら・・・びっくり。

何でこんなことになっているの?

ちょくちょく使うFish Eyeですが、カメラバッグのファスナーを開けたら、分解されているではありませんか。

バッグに入れて部屋の端に置いていただけなのに、こんなことになるなんて・・・。

とりあえず、ズームの数値が印線にあうように押し込んでみた。

今のところ問題なさそうなので、これで使ってみようかと。

このレンズ、Tokina製なのですが、もう一本Tokina製レンズをもっているのです。

が、こちらも知らぬ間に・・・ズームの数値と印線がずれてしまっている。

印線と数値を合わせようとしても、動かないんですよね(怖くてあまり力を入れられない)。

こんな状態で使っていても支障はないので、気にするほどのものではないのでしょうけど・・・ちょっと微妙。

Img_6963 Img_6964

2020年11月 4日 (水)

カワセミちゃん

近所をぶらぶらしているとカワセミが止まりそうな木があったのだが、誰もそんなことを気にしていないようだったので、いつも横目に通り過ぎていた。

ところ、今回は、カメラを持った方がいらっしゃったので、これは・・・と思いいつもの止まり木を見てみると、そこにはカワセミはおらず。

やっぱ、違ったのかな〜なんて思っていたら、止まり木でないところに現れた。

お散歩レンズだったので、画質もイマイチな上にトリミングをしているが、久々に会えて感動。

これからもこの散歩コースは外せなくなりそうだ。

近くにカワセミがいることを知ると長いレンズが欲しくなってしまう。

20201103-kawasemi703_00001

2020年11月 3日 (火)

江ノ島へ Let's Go !

またも江ノ島までぶらぶらと。

この時期は寒くもなく、暑くもなく、ぶらぶらするにはちょうど良い。

先日撮影した、日暮れ直後の江ノ島を長時間露光で撮影しようと思っていた。

先日のは、江ノ島の灯台が真っ暗だったので、長時間露光をすれば、灯台も明るく見えるだろうとの思惑だった。

ところが、残念なことにどんよりした雲が垂れ込めてしまった。

添付は、これから雲が多くなる前に撮影したもの。

やっぱ、夕日に海はよく似合う。

 

20201103-enosima502_00001

2020年11月 2日 (月)

河口湖畔で一休み

山中湖へ行く前に、河口湖畔で一休み。

道の駅になっているのかな(?)

何度かお世話になっているものの、いまだに地名を覚えず。

河口湖の紅葉祭りは、来週からだったような気がするが、紅葉は、それなりに良い見ごろを迎えているようだ。

●●館やコンビニの駐車場はあるものの、一般的な駐車場はないので、それなりに良い景色のところはではなかなか車を止めにくい。

紅葉まつりの期間は、駐車場が設置されるようなのだが・・・。

で、少し散り始めているコスモスを見つけたので、富士山を一緒に撮影してみた。

20201031-kawaguti619_00001

2020年11月 1日 (日)

山中湖の紅葉まつりへ Let's Go !

先週は、富士山を見るために大菩薩嶺に登った見てはしたものの、残念がながら、富士山は顔を出すことはなかった。

この週末は、土曜は晴天であり、とても良い天気らしい。

思えば先週のそんな感じだったので出発したのだが、結局富士山を見られずだった。

半信半疑ながら、出かけることにした。

寒さが厳しくなるとのこともあって、お日様が出てからの出発。

途中から、富士山がよく見えていたので、気をつけて、急いだ。

流石に日が暮れると寒さが身に染みる山中湖であり、湖畔間際まで、ライトアップされるのかと思っていたら、どうも違っていた。

遠目に紅葉と富士山を見ながら、暮れ行く山中湖を眺めていた。

20201031-yamanaka650_00005

2020年10月27日 (火)

夕暮れの江ノ島へ Let's Go !

日曜の天気はとても良かった。

ライブカメラで見る富士山、雪が少ないものの、とても綺麗に見えていた。

大菩薩嶺の登山は、日曜が正解だったのかもしれない・・・でも、翌日のことを考えると・・・。

駅伝シーズンになり、いろいろな駅伝のTV中継がある。

今日は、全日本大学女子駅伝。

名城大が圧倒的な速さで優勝した。

沿道には、パラパラと応援者が見られるようだが、それなりに間隔が保たれているようだった。

来年の箱根駅伝はどうなることやら・・・。

これが成功すれば、多くの競技はクリアとなりそうだが、皆さん我慢できるだろうか。

さて、駅伝を見た後、あまりの空の青さばかりが気になり、夕暮れ時を待って、江ノ島まで足を運んだ。

それほど寒くはなく、綺麗な夕日を見られる季節なのかもしれないが、多くの方が、夕陽にカメラを向けていた。

残念ながら、富士山は綺麗日没後に姿を現すといった、先の土曜のような状況となったようだ。

富士山が見えなかったので、比較的人の少ない東浜で撮影してみた。

20201025-enoshima503_00001

20201025-enoshima711_00001

2020年10月26日 (月)

瑞牆山までドライブ Let's Go !

ずいぶん前になるが、瑞牆山に登山口へ急ぐ中、早朝の景色を楽しみながら運転していた。

朝日に照らされた唐松(?)が輝き、その背後に岩肌をあらわにした瑞牆山を見た光景が忘れられず。

本当は、当時と同じ時間を目安に訪れようとしたが、大菩薩へ行ったので、夕陽に照らされる瑞牆山を見に行ってきた。

お日様は出ているものの、こちらもどんより雲の群れがあり、時折陽が陰ってしまう。

それでも、瑞牆山は美しかった。

朝からこちらでも良かったかな?とも思ったが、おそらくこちらもどんよりだったに違いなく、夕日が沈むまで瑞牆山をボ〜ッと眺めて一日を終えた。

帰りの頃には、アルプス、八ヶ岳の頂は、どんより雲に覆われていたものの、富士山はわずかに青味を残す空に、とても綺麗な姿を見せてくれていた。

 

20201024-mizugaki607_00019

2020年10月25日 (日)

富士山を見に Let's Go !

雨の多い土日が続いていたようだが、先週あたりからなんとなく、良い兆しが。

先週一週間もどうもパッとしない天気が続いていたが、この土日は晴れの予報が多かった。

福島あたりへの出撃も考えたが、せっかく晴れるのなら・・・と富士山を見たいとの気持ちになった。

で、訪れた場所は、大菩薩嶺。

朝6時に現地に着くも、駐車場はすでに満車に近かった。

お手軽(現地までは遠いが)に、そして気持ちの良い大菩薩ならではの人気なのかもしれない。

さて、肝心の富士山だが、非常に残念な結果だった。

まあ、時を改めて来てくださいとでも言われているような感じ。

朝からどんより雲が垂れ込めていたが、さらに霧がかかるなどどうにもいかない状況。

それでも、昼頃から雲が取れそうとの情報を得たので、のんびり時間をかけて登って行った。

時折青空が見えるも富士山と反対側。

やっと顔を見せた富士山だったが、この日はこれが限界。

すぐに隠れてしまい、その後は顔を出すことはなかった。

昼前に下山し、次の目的地までドライブへと頭を切り替えることにした。

20201024-daibosatsu607_00007

2020年10月19日 (月)

久々の温泉

コロナ以来、人混みはどうも苦手になってしまった。

私を知る人は、「コロナ以前から人混みは嫌いだった」と言うだろうが、別に必ずしも一人が好きなわけでもないのだ。

駒止の滝のそばには、有名な北温泉がある。

家を出る時は、今回は温泉に浸からずに帰宅すると決めていたので、タオルすら持っていかなかった。

そう、人混みを恐れてのことだった。

ところが・・・家を出る時の決意は固かったはずなのだが、気がつけば温泉に浸かっているという始末。

困ったものだ。

昔、幾度となく那須を訪れたときにはこんなに行きやすかったのかな?なんて思いつつ、温泉に浸かっていた。

温泉(旅館)は、とても趣があり、これぞ秘湯といった感じだが、如何せん入りくんでいて、迷子になりそうなので、迷子にならないうちに帰宅することにした。

 

20201018-kitaonsen602_00001

2020年10月18日 (日)

駒止の滝へ Let's Go !

昨日は、寒い雨の1日だった。

今日、日曜は多少天気が良くなるようだ。

少し寝坊してしまったが、ドライブを兼ねて那須の紅葉を見てきた。

コロナで長い間こもっていたため、登山はせず、車でお気軽に行ける場所を選んだ。

関東にもこんなに綺麗な滝があることをしらなかった。

昨日の雨で、水が濁っているかと思いきや、なかなか綺麗な色をしていた。

20201018-komatome801_00001

2020年10月 5日 (月)

小出川へ彼岸花を見に Let's Go !

小出川の彼岸花を見に行ってきた。

ピークは過ぎてしまっているようだが、思った以上見応えがあり、良い散歩になった。

紫陽花でも有名なようだが、彼岸花の方が見応えありそう。

皆さん思い思いに楽しまれていた。

20201004-higanbana805_00009 20201004-tyoutyo803_00001

«箱根仙石原へ Let's Go !

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ