無料ブログはココログ

2017年11月 8日 (水)

ちょっと懐かしい感じ?

熱田へ行くと名鉄神宮前の路地に入ってしまう。

飲み屋が多く並んでいる。
自分は、お酒は飲まないので、このお店内部はわからないが、雰囲気はとても好きだ。
そんな一角にトイレの手洗い場を見つけた。
ちょっと懐かしく感じた。 
 
20171105_atsuta5011

2017年11月 7日 (火)

熱田神宮へ

こちらも駅伝を見た帰りによるところであり、恒例である。

七五三にこられたちびっ子たちがかわいい。
今年もあと2ヶ月。早いものだ。
 
20171105_atsuta5061

2017年11月 6日 (月)

駅伝を見に行く

名古屋へ来てから恒例となった全日本大学駅伝。

熱田神宮がスタートとなるため、お気軽に雰囲気を楽しめる。
今年も久富さんが来ていた。
しかも1区に東海大鬼塚が当てられている。
注目の黄金世代の一人だ。
本当は、ゴールの伊勢神宮も考えたが、こちらはまたの機会とした。
せっかくなので、走っている姿を見たかったが、こちらもまたの機会だ。
で、先日購入したSB700をD5500につけて持っていったが、ほとんどうまく撮影できず。
もう少し勉強していくべきだった。
結局、こんな写真しかとれなかった。
 
20171105_ekiden5041

2017年11月 5日 (日)

天竜峡へ Let's Go !

10月の土日は、狙い撃ちしたかのように天気が悪い。

11月に入って、やっとこのサイクルからはなれたようだ。
世間では3連休だが、自分は土日のみ。
まあ、3連休はどこへ行っても混むから・・・。
で、4日は天竜峡へ行ってみた。
今年、日本のチロルへ行ったときにたまたま飯田線の平岡駅あたりを通った。
きっと秋は綺麗に違いないと・・・。
ネットの情報では、まだ早いようだが、来週はどうなるかわからないので、出かけることにした。
で、問題の紅葉だが、確かにまだ早いかもしれないが、まあまあではなかろうか。
残念なのは、名古屋の予報は晴れ、飯田市は曇りだったが、雨に降られたことだ。
それでも、久々の外出を楽しませてもらった。
 
20171104_tenryukuo801_131

2017年10月11日 (水)

ドクターイエロー

久々にドクターイエローと会うことができた。

この季節、登りのドクターイエローが名古屋に着く頃には随分日が傾いているが、熱心なママさん達が繰り出していた。
 
20171005_dry501_051

2017年10月10日 (火)

烏森神社

烏森神社にちょっと寄ってみた。

以前からこの前を通ることはあったが、なかなか立ち寄ることはできなかった。
烏森神社と言えば、綺麗な御朱印が有名だ。
私はもらったことがないが、ひな祭りなどはピンクになるらしい。
機会があればもらってみたいと思っている。
 
20170927_shinbashi501_011_2

2017年10月 9日 (月)

五竜高山植物園へ Let's Go !

昨年はガスに包まれて景色すら見られなかった。

今年は晴れそうだったので、出かけてみた。
ゴンドラを下りると晴れていたものの、30分ほどで霧に包まれてしまった。
昨年の再来か・・・・・ただ、少しだけ明るいのが救われた。
ブラブラしながら午後まで時間を費やすとガスが取れて、景色が見えるようになってきた。
ただ、昼を過ぎると山の後ろにお日様が行ってしまうので、よろしくない。
 
20171008_hakubagoryu736_321

2017年10月 1日 (日)

千畳敷カールへ Let's Go !

秋の千畳敷カールを訪れた。

仕事を終え駐車場に着いたのが1時過ぎだが、既に7,8割が埋まっていた。
4時半起床としていたが、目が覚める前から騒がしい。
4時半に起きると既に長蛇の列。
皆さん一番バスに乗るために並んでいるのだ。
結局、バスチケットを買うのに4時半頃から並び、バスに乗れたのは6時半。その後もロープウエイで1時間待ちと・・・噂には聞いていたが、秋の千畳敷は疲れるの一言に尽きる。帰りのロープウエイは2時間待ち。ただでさえつめたい風が吹いているのに、日が陰るとさらに寒さが増す。
で、紅葉はどうだったかだが、既に山を下り始めており、ピークはほんのちょっと過ぎたようにも感じる。黄色が多く、赤が少ない紅葉であり、イメージとはちょっと違った。
やっぱ紅葉は、東北が綺麗かな〜なんて思ったりもした。
 
20170930_kisokoma726_281

2017年9月25日 (月)

乗鞍岳へ Let's Go !

今年も行ってきた乗鞍岳。
昨年同様、紅葉を見ながらブラブラが目的なので、山頂も目指すこともなくのんびりとした散策だ。
2年前には訪れた時は少しピークが過ぎており、昨年訪れた時はピークではあったが、葉が落ちている木々がめだった。
ネット情報のピークでは遅いと判断し、紅葉しはじめでの訪問となった。
途中、パーキングで爆睡をしてしまい、ついたのが少し遅れてしまった。
それでも、頂を目指さなければよい休憩である。
さて、紅葉だが予想通り紅葉し始め感があるものの、「紅葉し始め」とするネット情報よりは進んでいる様に感じた。
ただ、問題は天気。晴れの予報だったが、雲がどんどんわき出し、きれいな紅葉を日陰で覆ってしまう。
この雲は、左側が龍か何かで、右がそれを退治する人のようにも見えなくもない。
こんな事を楽しみをしながら雲が通り過ぎるのを待っていた。
 
20170925_norikura701_331

2017年9月14日 (木)

目的地に到着!

私はナビ嫌いなのだが、遠出するときは「ゴリラ」を持って行く。

この「ゴリラ」古いためか、なかなか最短で、よい道を紹介してくれないときがある。
今回もこれだったのか分からないが、とても遠回りした感じだった。
ただ、別に急ぐ旅でもなく、この遠回りが意外とよい発見に繋がることが多い。
今回も色々楽しめた感じだった(←ガソリンの残量と睨めっこだったが)。
で、目的地の下栗の里に到着。
果たしてこの道でよいのやら・・・と思っていたが、観光用はちゃんとした道があったようだ。
ここは「日本のチロル」と呼ばれているようだ。
残念なことに私はチロル地方へ行ったこともなく、何処がチロルなのかよくわからない。チロルと言えば、チョコレートを想像する人も少なくないはず。
日本には「日本の●●」という場所がいくつかある。
日本は日本でいいんじゃないの?と言うのが私の意見。
どこもかしこも同じ風景になりつつある日本に、ちょっと残念さを覚える今日この頃。
 
20170909_shimokuri810_111

2017年9月13日 (水)

下栗の里へ Let's GO !

8月の無駄遣いも一段落し、9月に突入。
田んぼはだいぶ稲刈りが進んでいる様だ。
稲刈りでも見に以降かと思ったが、名古屋近傍で田んぼはどの辺にあるのやら。
結果、特にやることもなく・・・またも熊野へ行っちゃおうかと思ったが、三重の天気はどうもよろしくない。
で、以前から気になっていた下栗の郷を目指すことにした。
飯田の方なのだが、如何せん遠い。
高速道路嫌いの私には、結構ハードなドライブとなった。
途中、木造校舎が開放されていた。
多くのライダーが集まっており、ちょっとしたイベントが開かれているようだった。
こんな光景を見ると、懐かしく思う方もおられるのではなかろうか。
 
20170909_shimokuri807_081

2017年9月12日 (火)

橋杭岩へ  Let's Go !

いつもの悪い癖。

その地方へ行くのはよいのだが、観光地の看板を見るとついつい足を伸ばしてしまう。
看板には5キロと出ていたので、ついつい寄り道。
こちらも日本列島が作られた際の大事なところらしいが、弘法大師が作ったとも言われている。四国八十八カ所を回ったことがある私は後者だと思っている。
で、これが夏休み最後の旅となった。
 
20170826_hasiguiiwa801_011

2017年9月11日 (月)

一枚岩へ Let's Go !

神倉神社を訪問後、帰宅しようか悩んだが・・・少し時間が合ったので、足を伸ばした。

この一枚岩、先日某TV局で放送していた「ジオ・ジャパン」で出ていた。
日本列島の歴史を知る上で大事なところらしい。
現地では、川遊びをする家族が多かったが、この岩を見に来た方も居て、岩の大きさに驚いていた。
 
20170826_ichimaiiwa801_051

2017年9月10日 (日)

神倉神社へ Let's Go !

次なる目的地である神倉神社。

これまで熊野古道を歩く際の起点である新宮からバスに乗ったときに気になっていた。
先日、TVでこの神社の存在を知ったので、行ってみたかった。
大きな岩があるが、これがご神体。
ここへ来るまでものすごい急な階段を上ってくる。
疲れた跡の景色は、新宮市内を見渡せるところだった。
きっと、神様も新宮の町を見守っていることだろう。 
 
20170826_kamikura801_061
 
20170826_kamikura802_071

2017年9月 9日 (土)

速玉大社へ Let's Go !

ここまで来たら、速玉大社でまたこの地に来られたことを感謝する。

いつ来ても落ち着いていてよい。
 
20170826_hayatama602_021

«丸山千枚田へ Let's Go !

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30