無料ブログはココログ

2017年8月12日 (土)

東山動物園へ Let's Go !

1年ぶり?、いや2年ぶりかもしれない。

東山動物園に行ってきた。
以前は、コアラがいるとのことで訪れたのだが、今回はナイトズーである。
夜に動物園に入れるとあって、人気があるようだ。
夜行性の動物たちの活動を楽しみにしていたのだが・・・習慣というものなのか、皆さん小屋に戻りたくて仕方ないよう。サイなんて小屋の入り口で足踏みをずっとしていた。
こうなってしまうとナイトズーも動物たちの気の毒さを見ることになってしまう。
知らない土地からやってきて、しかも小さな敷地で運動不足、食べるのには困らないものの・・・仲間もほとんどいないし・・・。
何となく、転勤族のサラリーマンとダブらせてしまうのは自分だけだろうか。
ナイトズーでありながら、夕方に撮影した写真を載せておく。
このロバ、背中がかゆいのかゴロゴロしながら、背中をこすりつけていた。
 
20170812_higashiyama5011

2017年8月 9日 (水)

龍潭寺へ

毎度申しているが、歴史には全く興味が無くだ。

よって、大河ドラマなどは全く見ていない。
歴史物で言えば、TVで見るのは影の軍団(歴史物ではない?)くらいだろう。
ところが、ちょっと有名となると気になるというのが人の常。
少し遅れて直虎ブームに乗らせてもらった。
大河ドラマはいつからやっているのか知らないが、そろそろすき始めている頃と思い、立ち寄ってみた。
予想していたとおりだった。
庭園がすばらしく、四季折々の魅力を見せるようだ。
今回は、Ai-s 50mmf1.4のみしか持って行かなかったので、庭全体を画面に入れることはできなかったが、写真よりも現物を見ながらのんびり庭鑑賞に浸るのがよいだろう。
帰りの土産屋で直虎グッズがあったら買おうと思っていたが、なかなかよいのが見当たらず。キャラクターが人形調のキーホルダーになっているのが欲しかったが、作るのが難しいのか、見当たらずだった。
 
20170806_ryoutanji7011

2017年8月 8日 (火)

小国神社へ

続いては、小国神社へ。

遠州一宮とのこと。
先のお寺同様、小さな川が流れており、子供達が水遊びをしていた。
まだこんな光景が残っていたのだと、ちょっと安心した。
関東から名古屋まで戻る間も、あちこちで高速道路の高架橋の柱と思われる建造物が見られた。折角の日本の風景が台無しになっていく中、こんな水遊びの姿を見られたことはよかった。
 
20170806_okunijinnja7011

2017年8月 7日 (月)

石松のお墓へ

日曜の朝早くに関東を離れ、ブラブラと名古屋へ向かう。

途中、森町の森の石松のお墓によってきた。
以前、天竜浜名湖鉄道に乗ったときに森の石松のお墓があり、皆さんお墓を削り持ち帰るとのことを知った。
で、行ってみると・・・がっちり守られていました。
 
20170806_ishimatsu7011

2017年8月 6日 (日)

野暮用で関東へ

野暮用で地元に戻った土曜日。

戻ったと行っても日曜の夜には名古屋に戻らなければならない。
サラリーマンのつらいところだ。
折角地元に戻ったので、江ノ島をブラブラした。
昨年は、四国八十八カ所の逆打ちをしたので、こんな時間は無かった。こんな事も遠い昔のように感じるのは、日々時間の流れが速いからだろうか。
 
20170805_enoshiam2011

2017年7月29日 (土)

尾張一宮へ Let's Go !

花火大会やら・・・とお祭り毎が多いこの季節。

名古屋近辺のお祭りを探してみると尾張一宮の七夕祭りが開催される。
会社の方に聞いたところ、そこそこの規模らしい。
そんなわけでなかなか降りることのない一宮で下車してみた。
確かに、思っていた以上に大きな七夕であり、すっかり夕方近くまでいてしまった。
七夕というと短冊がぶら下がるイメージだが、数カ所でイベントが行われているので、これを見ていると以外と時間が過ぎてしまうのだ。
ミス七夕、ミス織物の方もおいでなさったので、撮影させて頂いた。
 
20170729_tanabata701_041_2
 
20170729_tanabata708_111

2017年7月26日 (水)

獅子岩

浜街道を歩くと獅子岩に出くわす。

半裸井川から見ると獅子っぽくないのだが、こちら側から見ると獅子になるのだ。
よって、多くの画像は皆こちらの顔の写真ばかりである。
この後、花の窟で参拝をして帰宅した。
8月17日(?)は熊野の花火大会がある。
どんな花火大会か見てみたい気持ちもあるが、気軽にこれるところではない。
 
Dsc_3299

2017年7月25日 (火)

鬼ヶ島

松本峠の通り抜けは1時間もあれば十分だった。

下道を戻り鬼ヶ島へ。
実は、展望台からも鬼ヶ島へ出られるのだが、あえて峠を越える道を選んだので、無駄に戻ることとなった。
この鬼ヶ島は海岸沿いを歩くことができるので、行ったりきたりとなった。
 
20170722_kumako19_171

2017年7月24日 (月)

何処までも延びる

何処までも延びる海岸線。

浜街道は、遠く新宮までつながっている。
玉砂利であり、砂よりは歩きやすいかと思いきや・・・炎天下の中でヘトヘトになった。
気が向いたら、もう少し長距離をブラブラ歩いてみたい。
 
20170722_kumako15_131

2017年7月23日 (日)

熊野古道へ Let's Go !

夏休みに入ったので、この週末は熊野古道を訪れた。

夏休みと行っても、社会人であるので当然土日しか休みはない。
しかし、通勤時に学生が減ったりすると奴休みである気分にはなるのだ。
今回は熊野古道伊勢路を訪れた。
場所は松本峠。当初は千枚田も考えたが、ちょっと遠いので、こちらは次回へと・・・。
松本峠は、石畳が多く、浜街道へとつながる古道であり、歩いていてとても楽しかった。
峠の入り口では、沢ガニが出迎えてくれた。
 
20170722_kumako10_101

2017年7月21日 (金)

祇園祭へと戻る

18時から御神輿が出るので、東寺を訪れた後八坂神社へ。

2時間前だが、すでにものすごく多くの方が陣取っていた。
ところが、1時間ほど前になると雷と共に土砂降りの雨。
嫌な予感はしていたが的中するとは。
しかし、そんな雨も御神輿が来る直前にあがり、カメラを取り出すことができた。
いろいろなお祭りを見てきたが、御神輿を手を伸ばすように持ち上げ、しかも御神輿をぐるぐると開店させるのだからすごい。
予備の担ぎ手を入れて200人くらいになるのもうなずける。
 
20170717_gion1201

2017年7月20日 (木)

東寺へ Let's Go !

東寺には何度か訪れているが、四国巡礼をしてから訪れたことはないと記憶している。

なので、東寺を訪れた。
一部建屋が修繕中だった。
そんなことをよそに雀は砂遊びをしていた。
東寺を訪れるなら桜のシーズンが良さそうだ。
 
20170717_toji11

2017年7月19日 (水)

祇園祭へ Let's GO !

今年も行ってきた祇園祭。

昨年訪れているので、何となく勘所は押さえたような感じだ。
今回は、始発に乗ることができたので、8時前に京都駅に到着。
山鉾が動き始める前に現地に着いた。
昨年の記憶を便りに・・・会えました。
と言っても、昨年と違う方のようでした。
 
20170717_gion911

2017年7月18日 (火)

三連休は・・・・

三連休は嬉しいのだが、何処へ行っても混雑となる。

桜や紅葉のシーズンならともかく、この暑い時期に、しかも車で出かければ渋滞必至である。
そんなことを理由に初日は昼寝。さすがに日曜は、これではまずいと名古屋市栄をブラブラした。
名古屋でイベントを探していたら、スミソニアン博物館の写真展が行われているとのことだった。愛知県立芸術センター(?)にも行ったことがないので、行ってみた。
写真はどれもすばらしいものばかりだった。
帰りにエスカレーターで下るとJPS展も同じ建屋でやっていることを知った。こちらへは行かなかったが、来年行くところがなければ、JPSでもよかろう。
 
TV当の前では、路上ダンスをやっていたが、自分には何がよくて、何が悪いのかが全く分からない。時折、その集団が盛り上がるのだが、「???」であった。
 
20170726_nagoyasakae2011

2017年6月28日 (水)

折角なので・・・

お祭りを見た後に寄り道しようと思っていた一つの二見浦。

18時半頃になってしまったが、折角なので寄り道してみた。
浜辺では、新婚さんらしき方がウェディングドレスに身をまとい、記念撮影をしていた。
二見浦の神社などは、縁結びによいらしい。
果たして、よいご縁があるか・・・少し待ってみようと思っている。
デジタルならでは???感度を上げての手持ち撮影だが、風情というものが全くなくなってしまった。
 
20170624_futamigaura8011

«お昼は何を食べようか

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31