無料ブログはココログ

« 八幡平 | トップページ | 栗駒高原 »

2005年10月11日 (火)

玉川温泉

 さくらを見に角館を訪れることが多かった。たまに調子をこいて弘前まで行くこともあった。いつも横目に見ていた玉川温泉に浸かってきた。角館を訪れたときは、乳頭温泉に浸かり、疲れをいやしてからの移動だった。どうしても入りたかった。八幡平の帰りにちょっとだけ寄ることとした。途中、大沼で時間を使ったため、玉川温泉に着いたのは16時だった。駐車場の方が17時には閉めるのでそれまでに戻るよう言われた。私もこの後、栗駒まで移動しなくてはならないし、温泉に浸かるだけなら1時間もかからないと思っていた。
 温泉は酸性であり、ぴりぴりとしみる。飲むこともできたが、非常に酸っぱく、水で薄めなかったらどうなることやら。歯の保護のため、飲んだら口を濯ぐよう指示があった。温泉はちょっとだけ色が付いているのだろうか。見た目は透明であった。しかし、温泉に疎い私ですら温泉といえる何かを感じ取れた。30分ほど浸かった後、温泉吹き出し口などを見に行った。よく見る光景がここだった。皆ござを敷いて寝転がっていた。岩を触った感じでは、それほど熱くはないのだが、硫黄の蒸気が体を良くするのだろうか。そんなことを考えながらぶらぶらしていたら、17時10分前となってしまった。あっという間の1時間だった。無事に駐車場を後に駒栗を目指した。tamagawaspa1

« 八幡平 | トップページ | 栗駒高原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136471/6345345

この記事へのトラックバック一覧です: 玉川温泉:

« 八幡平 | トップページ | 栗駒高原 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30