無料ブログはココログ

« 名古屋港へ | トップページ | 神の国(出雲)へ(その3) »

2006年2月19日 (日)

神の国(出雲)へ(その1)

 「サンライズ出雲」に乗って出雲市まで行って来ました。出雲と言えば出雲大社です。昔々赤い機関車の引く寝台特急「出雲」に乗って、出雲大社に行ってみたいと思っていました。やっと念願が叶いました。しかし、乗ったのは寝台特急「出雲」ではなく、今はやりの「サンライズ」です。
 勿論、サンライズに乗るのは初めてです。駅に着いたサンライズの窓からこぼれる車内の明かりが旅情を誘います。噂通り綺麗な車内です。木目調がよいですね。これでは俗に言うブルートレインは敵いません。私が乗車したのはB寝台(一階)です。少々狭い車内でしたが、ロックがかかるなどセキュリティーも十分です。
 東海道本線は相当な勢いでとばしているようです。レールの「カタンコトン・・・」というリズミカルな音が早く感じます。こんなリズミカルなリズムを耳にしながら寝てしまいました。目が覚める頃、伯備線を走っていますが、交換が多いですね。停まるごとに「やくも」とすれ違います。ちょうど窓を正面に壁に寄りかかり外を眺めています。窓が大きなスクリーンのように次から次へといろいろな景色を映し出します。外は白銀の世界。駅によっては、窓の外は雪で何も見えないこともありました。ちょっと山に入るとこれだけ景色が変わるのですね。やっぱり日本はすばらしい国です。
 山陰へ出ると陽も暖かく、うっすらと積もっている雪がどんどん解けていました。出雲市に到着です。一緒に旅をしてきた「サンライズ」ともお別れです。少々寂しいものがありますが、今日またもこの「サンライズ」に乗って東京に向かいます。そう、車中2泊の日帰りの旅の始まりなのです。

« 名古屋港へ | トップページ | 神の国(出雲)へ(その3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136471/8740878

この記事へのトラックバック一覧です: 神の国(出雲)へ(その1):

« 名古屋港へ | トップページ | 神の国(出雲)へ(その3) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30