無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

宇治上神社へ Let's Go !

自分が無知だったのか・・・世界遺産らしかったので、ちょっと寄り道。

小さな神社だが、確かに建築物は立派だ。
歴史に興味はないものの、建物とかには興味があるので、何となくすごそうな感じは受け取れた。ただ、所詮興味がある程度であり、それ以上ないのがいつものように進歩のないところなのだ。
 
20150328_ujikami1

2015年3月30日 (月)

十番札所

名古屋へ転居後、秩父、四国ときたので、西国を考えたが、ちょっとできそうになかったので、やめたと伝えたが、醍醐寺が第11番房所だったこともあり、ついつい御朱印帳を購入してしまった。

醍醐寺で購入したのだが、御朱印を頂く多くの方が、薬師如来の御朱印を頂いていたが、西国の御朱印帳が欲しいと言ったところ、お寺の方に確認されてしまった。
もしかしたら、あまり回る人はいないのかもしれない。
自分は西国の御朱印帳でよいと話したら、うれしそうにいろいろなお寺の訪問の仕方などを教えてくれた。結構、長蛇の列になっていたんだけど、とても親切だった。
そんなわけで、一番札所からの始まりにはならなかったが、今の自分には臨機応変に対応して区ことが求めらレ手いると勝手に解釈し、11番札所から開始することになった。醍醐寺の近くにお寺はあるかと聞いたところ、三室戸寺があるとのことで、訪れた。
入山料なるものを支払い、御朱印料を支払いと・・・。
四国の時とはちょっと趣が違うようだった。
すべてを回りきるまでにどれくらい時間を要するかわからないが、少しずつ集めていきたい。
 
20150328_mimurotoji1

2015年3月29日 (日)

醍醐寺へ Let's Go !

東京でも開花し、各地でちらほらと桜の開花を耳にする。

でも、まだちょっと早いのが実際のところ。
ところが、我慢というものができずに、醍醐寺へ行った。
なぜ醍醐寺か・・・京都の開花情報を見ていたら、開花と書かれていたからだ。
ただそれだけ。
現地に着くと多くの木は、つぼんだままだが、所々に7〜8分花を咲かせているものもあった。
おまけに当日は、ものすごく気温が上がったから、桜もさらに元気だったようだ。
 
20150328_daigo8011
 
20150328_daigo401
 
20150328_daigo201

2015年3月22日 (日)

彦根城には、梅林があり、ちょこっと立ち寄り。

ほのかにする梅の香りが気持ちよい。
Nikkor Ai 28mm f2.8はもう少しよれるので、頼もしい。
 
20150321_ume1

2015年3月21日 (土)

彦根城へ Let's Go !

今週は、彦根城へ行ってきた。

これで、国宝のお城をすべて制覇したことになる。
と言っても、歴史に興味の無い自分は、ただ単に訪れただけと言うだけに終わる。
犬山城よりもどっしりしており、お城っぽさがあるようだ。
のんびり時間を使い、ひこにゃんも見てきた。
この手のゆるキャラは、船橋の某キャラクターの動きはできないようだ。
ホント、ゆるゆるといった感じだ。
 
今回は、D3000+Nikkor Ai 28mm f2.8にて撮影。
デジタル一眼をマニュアルカメラとして使う組み合わせだ。
sekonicの露出計で光を測りながら撮影。
このレンズは、持っている中で一番古く、一番のお気に入りレンズ。
グッとよれるのが魅力なのだ。
このような取り方をしていると、絞り込みレバーの重要性に改めて気づくのだった。
 
20150321_hikone1
 
20150321_tabikame1

2015年3月17日 (火)

小牧基地へ Let's Go !

3月15日は、小牧基地が開放されたので、ちょっと見てきた。

名古屋からだと近くて便利だが、戦闘機がないのがつらいところ。
朝目が覚めると曇りぎみ。雨が降らなければ・・・と予報を見ると晴れるようだ。
9時前に基地には入れるように出発。
最寄りの名鉄牛山駅は、ものすごい人だった。
現地に着くと、すでにフライトが始まっていた。
それにしても人出が多いこと。
残念ながら戦闘機が飛ばず、皆の期待のブルーインパルスも演技が少なめ。
消化不良の一日となった。
それでも、13時頃にはある程度が終わってしまうので、ある意味親切なのかもしれない。
放送では、ブルーインパルスは帰らず、F15の帰る時間を教えていたが、雲が覆ってきたので、早々に切り上げることにした。
今の季節は、炎天下にさらされることもなく、体力的にもよい時期のようだ。
おかげで、P-3C(写真)のひげがかわいく見えてしまった。
 
20150315_60th1
 
20150315_p3c1

2015年3月16日 (月)

下呂温泉へ Let's Go !

もう少し暖かくなったら、この地を訪れようと思っていたのだが、飛騨白川での時間が余りに短く済んでしまったことで、この温泉につかる機会を得ることになった。

先ほどから、飛騨白川が、残念だったかのように読まれている方もいると思うが、決してそうではない。一本列車を逃すと次が1〜2時間待ちとなってしまう。
よって、町の状況と列車の時間をよ〜く考え無ければならない。その結果、今回は早々に撤収したことを付け加えておく。
さて、いろいろな温泉につかることを楽しみにしている自称「にわか温泉マニア」だが、本物のマニアではない。よって、「温泉=濁り」がインプットされてしまっている。如何せん、効能などはある意味どうでもよいのだ。以下に温泉ぽく入浴できるかがポイント。
下呂温泉は、無色透明。ちょっと物足りなかった。
しかし、そこはちょ〜有名どころ。体はよく温まった。
温まった体で列車に乗り込み、しばしお休み・・・。
 
20150314_gero1

2015年3月15日 (日)

高山へ Let's Go !

消化不良の飛騨古川をあとにし、高山へ。

こちらもすでに何度も訪れていて、今更・・・と言った感じだった。
少し遅めの昼食(高山ラーメンと飛騨牛丼セット)を頂き、至福の時。
さて、ここへ来たらさるぼぼグッズを買うことにしているので、お土産屋を物色開始。
今回は少し大きめのさるぼぼを・・・一人暮らしの寂しさを紛らわすには、大きなさるぼぼを抱いて寝るしかないとも考えたが、あまりに時間があったので、急遽下呂へ寄って温泉にでもつかろうかと思い立った時点で、大きなさるぼぼの購入は断念。一生にお風呂に入ることはできないからだ。
結果、 さくらとさるぼぼが描かれたさるぼぼタオルを購入。ところが、おまけにさるぼぼハンカチ、木でできたさるぼぼの人形と・・・随分無駄な出費をしてしまった。
お猿関係のグッズの購入は仕方ないと自分に言い聞かせている。
なぜなら、 来年は申年だからなのだ。
 
※先週訪れた延暦寺の帰りに日吉大社に寄ったら、ここはお猿さんが神様のようだったので、お猿のお守りのようなものを買ってしまったことを付け加えておく。
 このサルは「まさる(神猿)」と言われ、「魔去る」、「勝る」とかけているようだ。
 
20150314_takayama1

2015年3月14日 (土)

飛騨白川へ Let's Go !

今週は、飛騨白川へ行ってきた。

何年か前に朝の連続ドラマ小説の舞台となった町なので、知っている方は知っているはずだ。
その当時も訪れてはいるのだが、名古屋の地に着き、気分新たに訪れてみた。
ところが、観光シーズンオフだったのか、寒いからか、お店の多くがしまっていて、観光客もまばら。
お目当ての和ろうそくのお店をちらっと見て早々に引き上げることになった。
このお店も戸は閉まっていたが、小さく「開店しています」と書いてあった。
こんな状態で、何となく、消化不良を起こした飛騨白川。
何とも残念な話のようだが、、途中見たうっすらと雪化粧をした山々や木々は、とても美しく、嫌なことをすべて忘れることができたのがよかったか。ただ、トンネルと通過する度に雪が多くなり、この美しさはどこかへ行ってしまった。
何事も程々がよいのかも・・・。
 
20150314_furukawa11

2015年3月 9日 (月)

女性達のマラソン

時間があったので、ぶらっと名古屋ウイメンズマラソンを見に行ってみた。

テレビで観戦していたものの、優勝候補の選手が給水ポイントで転んだのをみて、何となく行くことを決意。
いざ出撃してみるも、土地勘がないことが仇に。
とりあえずコースまでたどり着いたが、すでに先頭集団はおらず。
聞いたところに寄ると、このコースはもう通らず、数本先の桜通りを走るとのこと。
そちらへ早く行きたいのだが、道路を渡ることができず、歩道橋を探すことに・・・こんなことをしている間にトップ集団は通過・・・残念。
芸能人も参加しているようだが、この人数では、見つけることもできず。
結果、日光浴をした日曜となってしまった。
 
21050308_nagoya1

2015年3月 8日 (日)

比叡山延暦寺へ Let't Go!

天気はイマイチだったが、とりあえず行ってみた延暦寺。

数年前に高野山を訪れた際に、是非延暦寺も・・・と思って何年経っただろうか。
名古屋の地に引っ越してきて、やっと実現。
ケーブルカーで山を登り、少しばかり期待していた雪はなく、人がちらほら。この季節の9時過ぎにしては、人が多いような気がしなくもない。
ただ、3月20日までは、横川へのシャトルバスがないので、公共機関でこられたかたは東塔、西塔を回って帰るようだが、私は横川までのピストンをしてみることに。
舗装されていない道は、ちょっとぬかるみ、傘を差すと山の下からの風が傘を押し上げる。困りものかと思うとそうでもなく、傘がふわっと上へと持ち上がり、体が軽くなったかのような錯覚に陥る。疲れた体をちょっと助けられたようにも感じた。
片道1時間ほどかかったが、横川までの東海自然道の散策を楽しみ、無事に比叡山を満喫した。
ここはトレイルコースとなっているようであり、季節がよくなったら歩いてみるのもよいかもしれない。
 
20150307_yokokawa01

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30