« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月26日 (日)

旅に出ずの4連休

母数が増えたとはいえ、感染者数が増えている東京近郊に住む身としては、天気の悪さを理由に外出を控えることにした。

感染経路不明者も増えているし・・・そもそも感染者がどこまで追い切れるのかも疑問だ。

まぁ、2週間後にこの4連休の結果がどう出てくるのか、様子を見ることにする。

さて、

当初、三陸鉄道にでも乗りに行こうかと思っていたが、岩手県他、他県の方に迷惑をかけることもあり得るので、中止とした。

遊びで外出しないながらも満員電車でイヤイヤ出社することにだいぶ疑問を覚えているが、これまた仕事嫌いな自分には仕方ないことなのだろうが・・・。

そんなわけで、ポジからスキャンした旅の思い出を少々。

場所は、碓氷峠。

この峠は、信越本線の横川〜軽井沢間に有り、新幹線開業と共に在来線はなくなってしまった。

多くの列車が行き来するのだが、峠を登るために電気機関車が連結され、列車を押し上げていく。

機関車連結の間に、駅弁を買おうと窓が開けば窓から、開かなければ電車を降りて買いに行くことになる。

最近は窓が開かない列車ばかりで、窓を開けて駅弁を買うなどを言う習慣はなくなってしまった。

さらには、ロングシートの車両ばかりが増えてしまっている。

旅と言えば駅弁、旅情気分半減だ。

話を元に戻し・・・ここの駅弁は、皆さんご存じの「峠の釜めし」である。

旅の行きでこれを買ってしまうと、弁当箱であるお釜をずっと持ち歩くことになってしまうのが難点(⇐捨てれば良いだけなのだが、捨てられないのが貧乏性というもの)。

無論、持ち帰ったところで、何に使うわけでもなく、植木鉢に使った様な記憶すらあるかないか・・・。

人気駅弁だけのことは有り、飛ぶように売れていたのかも知れない。

列車が到着する度に駅弁が補充され、客が駅弁に群がり、そして列車が出発していく。

ちょっと慌ただしさがホームにあふれることとなる。

列車が動き出すと、「おぎのや」の従業員さんが、走る列車に向かい、列車がいなくなるまで頭を下げていたのが、子供ながらに印象的だった。

そして、その後の駅は、何事もなかったかのように静けさを取り戻すのだった。

昨年、板東三十三カ所のお礼参りで信州を訪れた際に、横川駅傍にある「おぎのや」さんに寄ったが、かつての活気もなくちょっと寂しい感じだった。

19970913-usuitoge-fm2_011

Usui14_011_20200726181601

 

2020年7月18日 (土)

優しい目

やっぱ、馬の目はどこか優しい。

黒い大きな瞳と長いまつげがそう思わせるのかも知れない。

20200712-tamadoubutu515_131

2020年7月16日 (木)

おらうーたん、とらも・・・ゴクゴクと

暑いとのどが渇く。

動物たちも同じ。

我慢しては、熱中症の危険性があるから、みんなゴクゴク。

丹頂鶴もいたけど、北国の生き物たちには相当堪えた一日だったに違いない。

20200712-tamadoubutu514_121

 

2020年7月14日 (火)

あまりの暑さに・・・

公園内をブラブラしていると汗がしたたり落ちてくる。

こんな暑さだと当然動物たちもぐったりしている。

中には部屋に帰りたい動物もいるようで、扉の前を行ったり来たり。

ちょっと気の毒になってしまった。

で、お猿さんを見るとこちらもぐったり(死んでいませんよ。日陰でぐったりしているだけ)。

ただ、ちびざるは元気に走り回っていた。

猿も人も子供は元気だ。

20200712-tamadoubutu501_031

20200712-tamadoubutu503_051

20200712-tamadoubutu504_061

20200712-tamadoubutu507_071

2020年7月12日 (日)

多摩動物公園へ Let's Go !

蝶を見られる公園を探していたら、多摩動物公園がヒットした。

天気もよさそうなので、ぶらっとドライブしてきた。

ところが、現地に着くとお目当ての昆虫館は土日祝日は、閉館とのこと(>_<)

事前調査が甘かったようだ。

でも、折角来たのだからと園内をブラブラと2時間半ほどかけて回った。

ここにはコアラがいることも知ったが、東山動物園の数に比べると・・・でも、こちらは、ちゃんと目を覚ましてくれていたのが嬉しい。

 

20200712-tamadoubutu510_091

2020年7月 3日 (金)

トンボも撮影してみた

オオムラサキセンター周辺は、散策歩道が有り、ここをブラブラしているといろいろな昆虫に会うことができる。

中でもトンボが多いようだ。

ヤンマのような力強いものではなく、糸トンボのか弱い感じが、繊細に飛んでいるようにも見えてしまい、とても好きなのだ。

勢いよくものすごいスピードで飛ぶわけではないが、その小さな体が撮影を難しくさせている。

たまたま近くに止まったトンボにそ〜っと近づいて撮影してみた。

画像は、ノートリミング。

まずまずの接近戦だった。

細いからだがぼけてしまった。

もう少し絞るべきだったかも知れないと少々反省。

20200627-tonbo708_211

 

2020年7月 1日 (水)

オオムラサキに会いに Let's Go !

7月になるとオオムラサキの羽化が始まる。

県間の移動も良くなったようなので、ぶらっとオオムラサキセンターまで行ってきた。

先日、近く公園でチョウを撮影したのが、気脚気となってしまった。

久々のオオムラサキセンター、以外と遠かった・・・明野町までひまわりを撮影に行ったときはさほどではなかったのだが・・・体がなまっているのかも。

当初出発時間を早めに設定していたが、うだうだとしている間に遅れてしまった。

13時半頃現地に到着し、2時間ほぼブラブラして帰宅した。

ちびっ子達が楽しそうにしていたのが印象的だったが、オオムラサキはだいぶ疲れたことだろう。

20200627-oomurasaki710_141

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ