« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

日曜の江ノ島

日曜日は、ゆっくり散歩できるので、少し西側へ行って、江ノ島を撮影した。

江ノ島は綺麗に見えるものの、サーファーが一杯いるのが難点かもしれない。

20211128-enoshima722_00021

2021年11月29日 (月)

今日の江ノ島

ちょっと雲が多かったが、富士山は半分くらい見えた。

幸い江ノ島の上空には、大きな雲が垂れ込めていなかったので、よかった。

お目当ての富士山がよく見えなかったので、この写真を撮影して帰宅した。

20211129-enoshima501_00001

昨日の江ノ島から見た富士山

日曜は良い天気だった。

日が出ている間は、暖かく、歩いていると汗が滲むほどだ。

平日の散歩では、日の入りに間に合わないため、少し早めののんびり散歩。

雲は少ないが、富士山のお腹のあたりに少し雲がある。

これだけ引いて撮れば、さほど邪魔には感じないだろう。

久々に見た日の入りに満足。

20211128-enoshima714_00014

2021年11月28日 (日)

浄妙寺へ Let's Go !

これまで訪れた中で、鎌倉駅から遠いお寺は、杉本寺。

以前、坂東三十三ヶ所を回ったときの一番寺。

苔の階段が美しかった。東京転勤とともに始めたことが懐かしい。

今回は、ここより少し足を伸ばし、浄妙寺を訪れた。

入山料が100円と良心的(?)だった。

このようなお寺だと、なんとなくのんびりしたくなってしまう。

雨雲も姿を消し、青空が戻った。

大きなイチョウが輝いていた。

 

20211127-joumyouji806_00032

2021年11月27日 (土)

紅葉の鎌倉へ Let's Go !

気温が少し低いものの晴天とのこと。

少し早めのお昼を食べて、鎌倉を歩いてきた。

事前情報によると、そろそろ見頃を迎えそうな鎌倉だが、混雑を避けたいとの思いから、駅から少し離れたお寺を回ることにした。

晴天のはずだったが、現地は曇天。

ちょうど頭上に雨雲のような黒い雲が垂れ込めていた。

そして、パラパラと。

20211127-itijou805_00012

2021年11月25日 (木)

今日の江ノ島

今日も風が少し強かったが、昨日ほどではないと判断し、散歩に出発。

海に近づくにつれ、風がどんどん強くなってきた。

今日は、飛んできた砂が目に入る程度で、目が開けられない状態ではないので、昨日よりはマシだろうか。

今日も富士山が綺麗に見えた。

毎度の江ノ島と一緒に富士山を撮影してみた。

波が高かったので、安全なところで撮影した。

でも、皆さん、釣りをしていたみたいだけど・・・趣味の力は恐るべし。

 

20211125-enoshima501_00001

昨日の江ノ島

天気が良かったが、風が強かった。

家を出る時は、先日ほどではないと思っていたが、海に近づくにつれ・・・これはやばい、と思った。

案の定、風が強く、砂、水しぶきが舞い、レンズは汚れ、ピントが合わず。

それでも20コマほど撮影してみたが、帰宅後PCを見て全てダメだった。

レンズの汚れ以前に、風でブレブレになっていた。

その中から、なんとなく撮れた一コマを載せておく。

江ノ島のキャンドル(灯台)も冬の装いになったようだ。

それにしても風がとても冷たかった。

白く映っている海からその強さが伝われば幸いだ。

20211124-enoshima701_00002

2021年11月24日 (水)

大雄山へ Let's Go !

大雄山を訪れた。

到着した時は、すでに日が山に隠れ、全体的に薄暗くなっていた。

鮮やかさに欠けるものの、落ち着いた雰囲気が出て良いともいえる。

人は少なめになっているので、さらに落ち着いた感じだった。

ただ、写真を撮るのには、露出が厳しかった。

2年ほど前には、電車とバスで訪れたのだが、改めて地図を見ると自分が思っていた場所とずいぶん違っており、自分の方向音痴さを知るのだった。

以前は地図を多用していたので、自ずと位置関係が分かったのだが、最近はナビで何も考えずに訪問することも多く、俯瞰して訪問先を眺めることを怠っていたことのつけとの事だろう。

20211120-daiyuuzan617_00018 

2021年11月22日 (月)

夕日の滝へ Let's Go !

昨年、山北を訪れた時に、いくつか滝があることを知った。

その時は、洒水の滝へ行ったのだが、夕日の滝も気になっていた。

よくよく調べたら、山北から意外と近いことがわかったので、出かけてみた。

バンガローがあり、こちらに泊まるのも良いかとも思うほど雰囲気は良かった。

ただ、滝の周りにもう少し紅葉した木があると良いのだが・・・。

毎度の手持ち撮影でのスローシャッターのため、ブレているがお許し願いたい。

2021120-yuuhinotaki602_00001

2021年11月21日 (日)

大山(おおやま)へ Let's Go !

そろそろ見頃となった大山へ行ってきた。

昨年お散歩がてらに登ったのだが、今年は紅葉シーズンに訪問。

山頂を目指すこともなく、阿夫利神社までケーブルカーで上り、大山寺を巡りながら、歩いて下山とした。

ケーブルカーが混んでいたら、歩いて登れば良いと考えていたのだが、運よくさほど並ばずに済みそうだったので、上りのみケーブルカーに乗ることにした。

いろいろ調べるとライトアップが綺麗らしいが、夜は寒いし、ライトの色に影響されてしまうので、とりあえず日中の訪問。

現地を訪れると登山客が多かった上、思ったほど綺麗な感じではなかった。

もみじ汁を食べて、早々に大山寺へ。

事前情報では、大山の紅葉と言えばこちらの方が良いとのことだった。

なるほど、といった感じだったが、如何せん人が多い。

人が減る気配はなく、こちらも肉眼で楽しんで下山した。

最近は、犬が乳母車に乗ったり、おんぶされたりしていることが多いが、こちらはちゃんと歩いて登っていた。

 

20211120-ooyama610_00001

2021年11月17日 (水)

釣り人

日が暮れるにもかかわらず、釣り人たちが集まってくる。

海が穏やかなので、のんびり夜釣りを楽しむのもよいが、時折吹く風が少し冷たい。

釣り人たちは、こんなことも気にする様子もなく、竿の微妙な動きを気にしていた。

2021115-esnoshima720_00003

2021年11月15日 (月)

今日の江ノ島

綺麗な青空だったので、ぶらっとというか、とても早歩きで江ノ島まで散歩をした。

先日と異なりほぼ風もなくだ。

波も静かで、なんだかのんびり時が流れているような感じ。

雲もほとんどなく、富士山も綺麗に見えた。

お日様は、江ノ島と富士山の間に沈んでいく。

空の色は、冬の色だった。

20211115-enoshima507_00010_00001  

2021年11月14日 (日)

寸又峡へ Let's Go !

天気が良い土曜日、寸又峡まで行ってきた。

どこへ行こうか悩んだ挙句、静岡なら近いだろうとの甘い気持ちで出かけた。

以前奥大井湖上駅を訪れたことがるので、その遠さはある程度承知していたつもりだったが・・・つもりに過ぎなかった。

道が狭く交互の片側通行になっているところもあった。

一瞬、えらい渋滞に巻き込まれたかと思ったが、渋滞でなかっただで良かったというもの。

さて、現地は多くの観光客で賑わっていた。

高いところが苦手は自分は、橋を渡るべきか悩んだ挙句、今日こそは・・・と気持ちを固めていた。

ところが、橋のそばまで行くと、係りのおじさまが、1時間半待ちとのこと。

現地に着いたのがお昼を回っていたこともあって、1時間半は待ちたくないとの気持ちから、橋を渡るのをやめることにした。

残念でならなかったが、またの機会にしたい。

さて、紅葉だが、ほぼピークではなかろうか。

少し過ぎていると言っても良いかもしれない。

すっかり観光地化してしまっているので、人が多く、自分としてはちょっちょ魅力減だった。

それでも、少し涼しい中をブラブラできたことはよかった。

202111113-sumatakyou601_00012 

2021年11月10日 (水)

今日の江の島

日中は青空が綺麗だったので、綺麗な夕日を期待していた。

勿論、富士山も見られるだろうとのもくろみ。

それにしても陽が短くなったもので、仕事を得てからだととても間に合わない。

仕事は明日でもOKだけど、富士山は今日だけしかない。

そう思い、仕事を続けたい気持ちを断ち切り、江の島に向けて出発したのだった。

何となく分かってはいたのだが、ものすごい風。

砂と潮が風にのり次から次へと・・・目も開けられない始末。

おまけに、お目当ての富士山もその輪郭をぼかすように雲がかかっていた。

仕方なく、江の島を撮影して帰宅した。

こんなに強い風なら出向くべきではなかったかもしれない。

レンズにも潮、砂がかかり、ソフトフィルターがかかったかのような見え具合での撮影となった。

20211110-enoshima701_00001

2021年11月 9日 (火)

好物発見

目的もなくぶらぶらしていると意外と発見があるもので、今回も好物を発見した。

車を走らせていると●●学校の看板が見えたので、急遽方向転換。

訪れたのは、津金学校。

最近(?)よく見る廃校を利用したレストラン、カフェ、お土産売り場だ。

木造の学校が好きな自分は、ついついこの手の学校を見つけると何事にも優先して見に行ってしまうという悪い癖があるようだ。

津金学校は、旧木造校舎が並んでいるようだが、残念ながら大正校舎(?)には閉館ではいることができず。

それでも、一番古い校舎を見学できたのはよかった。

中に入ると観光で訪れた子供だろうか、レコードが分からなかったようで、大人にロッピーか?とたずねていた。

今の子供でフロッピーを知っているのもすごいとも思ったが、時の流れを感じた。

急な階段を登ると昔のいろいろな物が展示してあるのだが、子供たちは珍しげに写真に納めていた。

 

20211106-tukane602_00074

 

 

2021年11月 8日 (月)

まきば公園へよりみち

美し森を早々に引き上げたものの、やることもなく。

まきば公園へ寄り道。

無料でブラブラできるのが嬉しい。

馬や羊を戯れる(?)ちびっ子たちを見ていると、なんとも平和な時が流れる。

遠くには、瑞牆山、金峰山が見えた。

20211106-makiba806_00052

2021年11月 7日 (日)

美し森へ Let's Go !

昨日は、美し森へ行ってきた。

かねてから気になっていたところだったので、晴天に恵まれラッキーだった。

ハイキングコースが設定されているようだが、ぐるっと回ると駐車場まで車をとりに戻る必要があるので、今回はドライブを楽しむことに決めいてた。

とりあえず、カメラ片手に羽衣の池までぶらぶら歩いてみた。

この辺のカラマツは結構な割合で落葉していたものの、歩くにはとても良い気候で、清々しさを感じた。

気分的に、もう少し踏み込みたい気分になっていた。

駐車場まで戻る際に、小学生の団体が、次からつぐへと登っていく姿を見ると、自分も歩きたくなってしまうというもの。

こんな気持ちをぐっと堪えて、車に戻った。

20211106-utukusi603_00080

 

 

2021年11月 4日 (木)

富士山を見に Let's Go !

文化の日は、晴天とのこと。

富士山を見にぶらっとドライブしてきた。

山中湖や河口湖などの紅葉はノーマークだったので、行ってみて初めて紅葉が進んでいることを知った。

今年は紅葉の中をぶらぶら歩く予定だったが、時期を逸してしまったようだ。

折角ハイキングコースを調べておいたのだが、次回の楽しみとする。

さて、先にも記した通り、紅葉はずいぶん進んでいた。

河口湖の紅葉は、例年と比べてどうなのかわからないが、紅葉系は綺麗な赤だったが、桜(?)の葉は、結構落ちていたようだ。

富士山を見に行ったのだが、富士山が顔をだしたのはほんの少し。

残念ながら今日の富士山は気まぐれだった。

気温も高かったためか、空も霞んでおり、だいぶ残念だった。

個人的な読みだが、今週末まで、紅葉は楽しめそうだ。

写真は、山中湖で撮影したもの。

 

20211103-yamanakako601_00024

2021年11月 2日 (火)

群れ

空を見上げると鳥の群れが舞っていた。

水族館のイワシ(?)の群れのように、ちょっときれいだったりすればまだしも。

鳥の方は、いつ空から空爆されるかもわからず、群れの下を歩くのが怖くなる。

今回の場合、見上げてカメラを向けているから、目にでも的中した際には・・・と考えるだでも勇気ある撮影だったに違いない。

おまけにピヨピヨと皆で掛け声をかけて飛んでいる。

不思議なことに群れが一つまた一つと合流していき、どんどん大きな群れになっていく。

そしてこれまた不思議なことに、大きな木に一斉に止まるのだ。

まさしくベッドタウンと化した大きな木。

夜が開けることには、群毎にあちこちへと飛んでいくことだろう。

なんとなく、人間の行動のようにも思えた。

20211101-tori701_00001

2021年11月 1日 (月)

横断時は左右確認をお願いします

車を走らせると何やら大きな生き物が横切った。

あまりに直前、かつのんびり横切られたので、タイミングが悪ければ・・・。

以前シカに激突したことがある自分は、この巨大生物にビクビク。

時として廃車になるし、今回の場合はいろいろな意味でよろしくない。

無論、どのような生き物であれ、命の重みは皆さん一緒。

頭が痒いのか、ツノを気にしているのか、一生懸命木に頭を擦り付けていた。

四つん這いなので、こういう時は大変だ。

痒いところに手が届かないのでは、さぞ辛いことだろう。

しばらくすると気が済んだのか、ゆっくりと森に姿を消した。

※彼を見かけた場合は、近寄らずに知らんふりが良いらしい。

20211030-sika601_00047

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ