« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月26日 (水)

今日の江ノ島

夕方、空が青くなってきたので、ぷらっと散歩。

海は穏やか。

日がゆっくり沈んでいく。

残念ながら水平線にはうっすら雲が立ち込めていたが、その美しさは十分。

コロナもアンパンマンに退治してもらいたいものだが、アンパンマンとバイキンマンは仲が良いので、やっぱ共存することになろうのだろうか。

20220126-enoshima703_00005

2022年1月24日 (月)

今日の江ノ島

少しずつ雲が取れてきたので、江ノ島まで散歩。

日が伸びてきているので、ずいぶん楽になった。

先日お伝えした飛砂防止柵は、えのすい前まで進んだ。

数日中には、西浜は飛砂防止柵が完成することだろう。

影になっていて分からないかもしれないが、この写真からもその様子がわかる。

20220124-enoshima702_00002

2022年1月21日 (金)

今日の江ノ島

今日は寒かった。

こんなに寒いなら・・・(散歩しなければよかった)。

久々にシャッターを押す指の感覚がなくなる寒さだった。

これだけ寒ければ、もう少し空気が澄んでいても良さそうだったが、どことなくうっすら霞んでいるようにも見えた。

波は穏やかというか、高くはなく、少しうねりがあると言ったほうが良いのだろうか。

キャンドルのライトアップ開始時間が遅くなったので、どうしても帰りが遅くなってしまう。

よって、寒さはさらに増すことになる。

20220121-enoshima707_00009

2022年1月20日 (木)

今日の江ノ島

今日の江ノ島は、ちょっと違った視点で。

先日から浜に砂を盛りつつ、何をしているのかと思ったら、飛砂防止柵を作っているよう。

鵠沼海岸から始まり、ずいぶん江ノ島の方まで近づいてきた。

とは言っても、どこまで作られるのかは分からず。

えのすい辺りは、砂が盛られているので、その手前で終えるのかもしれない。

到達するにしてももう少し時間がかかりそうだ。

日々、砂浜の砂をブルドーザーで均しての作業が続いているようだ。

20220120-enoshima709_00013

2022年1月18日 (火)

今日の江ノ島

今日は仕事の関係で、散歩に出遅れてしまった。

ところは、お日様は、日に日に伸びており、日没後だったが、なんとか真っ暗になる前に着くことができた。

富士山に雲がかかってはいなかったものの、ちょっと残念な雲があった。

毎度、江ノ島には雲はなく、静かな感じだった。

鵠沼海岸あたりには、ビーチバレーのコートが作られていたようだ。

2020118-enoshima706_00001

2022年1月17日 (月)

今日の江ノ島

昨日は、津波注意報が発令されいてたので、海辺の散歩を中止した。

小さな山でも歩こうかとも思ったが、夜中にスマホが鳴り続け、起きたのが8時過ぎ。

グダグダの一日となった。

神奈川県知事からはお詫びのコメントが出ていたが、警報が出た上でのミスなので、よかったのではなかろうか。

これが警報が出ないミスだったらちょっとよろしくなかったと思われる。

確か、緊急事態宣言の時もメールが届いた記憶がある。

ありがたい通報と受け止めたい。

そんなわけで、今日は昨日の分までぶらぶらしてきた(←気持ちだけ)。

ホント、日の入りが伸びて嬉しい限りだ。

20220117-enoshima506_00008

2022年1月15日 (土)

浦賀ぶらぶら

浦賀といえばペリーなのだ。

歴史嫌いな自分ですら、なんとなく記憶に残っている。

神奈川に住んでいながら訪れていない有名な地、浦賀をドライブした。

思ったほど大きな街ではなく、こじんまりしていて、とても良い町だった。

20220115-uraga803_00007

2022年1月14日 (金)

今日の江ノ島と富士山

今日は天気が良かった。

とっとと仕事を切り上げ、散歩をしようとも思ったのだが、野暮用があったので、そちらを優先。

よって、時間がなくなってしまったので、散歩というより富士山を見に行ったような感じだった。

雲がほぼなく、江ノ島、富士山共に綺麗に見えたので、久々に江ノ島と富士山を一つの画面に入れてみた。

この季節は、お日様が江ノ島と富士山の間に沈むので、良い感じ。

欲を言えば、太陽を中心に均等になればさらによかったのだが、そこは散歩がてらの写真撮影である。

20220114-enoshima501_00003

 

2022年1月13日 (木)

空が綺麗だったので・・・

空が綺麗だったので、空がいっぱい入りそうなところを探した。

海沿い、例えば鎌倉高校前でもよかったのだが、先日も掲載したばかり。

ちょっと趣を変えて・・・だいぶ強引に江ノ電を入れてみた。

※撮影日:1月初旬

 

20220105-enoden701_00001

2022年1月12日 (水)

今日の富士山

今日の富士山はまずまずと思われた。

が、仕事の都合で少し出発が遅れてしまった。

日がだいぶ伸びたことが幸いした。

波は比較的穏やかだったが、潮が満ちているのか、よそ見をしていると靴を濡らしてしまいそうになった。

富士山には、所々雲がかかっており、綺麗な輪郭を見ることはできなかったが、久々に見た綺麗な夕焼けと富士山のシルエットに満足だった。

 

20220112-enoshima711_00009

2022年1月11日 (火)

江ノ電と江ノ島

散歩の時は、「タマタマ(出会した風景)」を撮影している。

ブラブラ散歩していると運良く江ノ電がやってきた。

夕日が綺麗だったので、シャッターを切った。

先の連休初日の海岸には、多くの観光客が訪れていた。

スマホのシャッターを頼まれ、夕日と江ノ島を入れて撮影したところ、とても喜んでいただけた。

年始から人様の笑顔を見られてよかった。

20220108-enoden710_00002

2022年1月10日 (月)

今日の江ノ島

昨日の達磨山散歩で疲れた体を軽く動かして・・・っと。

先日と同じような画像になってしまったが、今日の江ノ島の画像を載せておく。

生憎の曇り空の今日は、江ノ島も元気が少しないようだ。

それにしてもずいぶん日の入りが遅くなったような気がするのは自分だけだろうか。

16時半をまわっても意外と明るいようだ。

20220110-enoshima701_00015

2022年1月 9日 (日)

達磨山へ Let's Go !

富士山が綺麗に見えたので、達磨山散歩決行!

と、すんなりはいかず。

少し早めに起きたのだが、寒かったので、暖房を入れてしまった。

結果、暖房の温もりから離れることがきず・・・時間ばかりが経過していった朝だった。

こんな感じだったので、当初の予定よりだいぶ出発が遅くなり、散歩し始めがお昼頃となってしまった。

富士山の朝の綺麗さは何処へやら・・・だいぶ雲が多くなり、富士山が少し霞んでいるように見えた。

これも全ては朝のグダグダが原因。

久々にアップダウンの道を歩いたので、ヘトヘトとなった。

良い汗をかくことができたのだが、稜線の風は冷たく、そして強く。

すっかり冷えてしまった。

コロナが増えてきている今、コロナだけでなく風邪にも注意しないと・・・。

 

20220109-daruma702_00011_20220109213001

2022年1月 8日 (土)

今日の江ノ島

連休明けの仕事の体慣らしには良い3日間。

この連休はありがたい。

鎌倉から江ノ島までブラブラと散歩。

富士山は隠れていたので、毎度の浜辺からと思ったが、小田急江ノ島駅近くの境川で江ノ島を撮影して見た。

 

20220108-enoshima709_00015

2022年1月 6日 (木)

雪の日

江ノ島散歩は中止。

きっと江ノ島は霞んで見えないだろうとの思いから。

でも、砂浜が真っ白になっていたら、それはそれで綺麗だろうな・・・なんて。

で、近場の雪景色を撮影してみた。

もう少し寄れるレンズを持っていればよかったのだが、お散歩用なのでこれはこれで。

20220106-hana701_00001

2022年1月 5日 (水)

今日の江ノ島

仕事終わりの江ノ島散歩。

本日が初日となった。

お昼休みに富士山を確認した時は、多少雲があるものの、頂まで綺麗に見えていた。

さてさて、現地に着くとすっかり雲に隠れてしまっていた。

思えば、明日の天気はよろしくない。

なので、今日の散歩は外せなかったのだが、富士山を見て改めて明日の天気を想像するのだった。

それでも江ノ島側は、それほど雲もなくだった。

20220105-enoshima702_00008

2022年1月 3日 (月)

今日の江ノ島

今日は少し暖かったので、さっそく江の島まで散歩。

あったかいためか、富士山も少し霞んでいる。

今年も江ノ島散歩を続ける予定だが、問題の体重、突き出たお腹には影響がないようだ。

20220103-enoden701_00002

2022年1月 1日 (土)

本年もおよろしくお願いいたします

今年はどんな年になるのだろうか。

この2年、コロナに振り回され、あまり思いでが残らないまま、あっというまに終わってしまったようだ。

新しい株が広まりつつあるものの、何となく以前よりかは落ち着いているように感じる。

今年もコロナに注意しながらの生活となるのだろうが、もう少し遠出が出来ればと思っている。

毎度、暇をもてあます(?)私の独り言のブログとなってしまっているが、おつきあい頂ければ幸いです。

 

20211004-sagi703_00011_20211231092901

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ