« 2022年4月 | トップページ

2022年5月

2022年5月23日 (月)

今日の江の島

朝方はうっすら見えていた富士山だが、お散歩時間には富士山を見ることができなかった。

相当厚い雲だったので、夕日も期待できず。

海を眺めて帰宅した。

久々にスマホのシャッターを頼まれた。

どう撮って欲しいかを聞いたところ、ポーズを取るので、適当にシャッターを押して欲しいとのことだった。

ズームもせずに少し小さく写っていたが、とりあえずシャッターを切り続けて欲しいとのことだったので、その通りに。

我々の学生の時と違って、今はいろいろなポーズがあるらしい。

とは言っても、皆どことなく似たようなポーズをとるので、何かを手本にしているのだろう。

よくあるのが、レンズに対し、背を向けるポーズ。

これは必ずとられるポーズの一つのようだ。

あまりに気にせずに、言われた通りに何も考えずにシャッターを切り続けてしまったので、撮影を依頼された方には少し申し訳なく思ったりもした。

撮影後の写真を見て、そこそこ満足してくれているようだったが、本心かは「?」。

20220523-enoshima501_00003

2022年5月22日 (日)

今日の江の島

少し曇っていたが、明るいうちにと、江の島まで散歩。

今の季節、日がずいぶん伸びているので、グズグズしていても明るいうちには着くのだが、日が長い分、日没まで待つとすっかり遅い時間に帰宅となてしまう。

富士山でも見られれば、日の入りまで待とうかとも思ったが、生憎の厚い雲。

よって、早めの帰宅となった。

海の家の工事はさらに進んでいた。

それにしても、毎年のことと言えど、うまく、はやく作っていくものだと感心してしまう。

これからは海の家の分はどうしても浜が狭くなるのは致し方なしか。

今日も砂浜アートがあったが、砂でできた魚たちもだいぶ窮屈になったように感じる。

いつも地元の方がゴミ拾いをしてくれているようだ。感謝。

20220522-enoshima701_00015

2022年5月19日 (木)

今日の江の島

パッとしなかったが、明日は出勤予定なので、ぶらっと江の島散歩。

今日も海の家は順調に組み上がっているようだ。

日々、少しずつ出来上がっていく姿を見ると少しだけ嬉しくもなってしまったりと。

以前、ブロックがいくつも置いてあったが、いつの日か砂に埋もれてしまった。

昨日、基礎の穴が空いていたのだが、どことなくブロックの間隔にのような・・・。

今日は気になって穴を覗いてみた。

ちゃんとブロックの頭が出るように穴が掘られていた。

一度埋めたものを掘り出すとは。

昔の地下鉄漫才のようだ。

それにしても上手く探し当てるものだ。

どこかにマーキングがしてあるのかもしれないが、この作業にはあっぱれだった。

20220519-enoshima503_00007

2022年5月18日 (水)

今日の江の島

少し早い気もするが、海の家の建設が始まったようだ。

梅雨入り前にある程度形にしてしまおうということなのだろうか。

今年の海の家は、よほどのことがない限り例年通りの営業となることだろう。

海の家の方には、久々にフル営業となるのだろう。

ただ、少し騒がしくなるのが玉に瑕。

個人的にはひっそりとした海が好きだし、せめて子供たちがはしゃぐ声が聞こえるような浜が嬉しい。

20220518-enoshima701_00001

2022年5月15日 (日)

今日の江の島

残念ながら曇天の江の島。

それでも、多くの方が訪れていた。

ヒルガオが気になり、鵠沼海岸側を歩いてみたが、見納めまでギリギリのような感じだ。

花はずいぶん減っているが、頑張って咲いている花もあった。

砂浜では、砂で作られたマンタ、ジンベイザメ、イルカなどの海の生き物たちが観光客を楽しませていた。

サンドアートとでも言うのだろうか、このような団体がある事を知っていが、これだけ多くの生き物が皆を楽しませているのは見たことがなかった。

子供たちも良い思い出となったことだろう。

20220515-enoshima701_00018

2022年5月14日 (土)

ドクターイエロー

夕方から晴れるようだったが、富士山期待できず。

江の島散歩を怠けて、小田原まで新幹線を見に行ってきた。

新幹線の写真をなかなか撮ることがないので、うまく写せるか心配だったが、それっぽくは撮れたようだ。

試運転のドクターイエローとのことのようだが、運よく土曜に運転してくれたのが幸いした。

ただ、小田原駅のカーブに短いドクターイエローは、私にはちょっと難しいようだ。

撮影していると修学旅行新幹線が入線してきた。

コロナが始まった時は、修学旅行が中止されていたようだが、再開されていたようだ。

今となっては、お互いに注意しつつ、なるべく日常生活に近づけるのが良いよ思われる。

新幹線も知らない間に皆同じ顔になってしまったようだ。

20220514-dry-603_00003

 

2022年5月11日 (水)

今日の江の島

天気が悪くなると思っていたが、思った以上によかった。

昨日散歩ができなかったので、ここぞとばかりに散歩に出かけた。

お昼にはうっすら富士山が見えていたようだが、夕方には頭の方に大きな雲が。

今日も雲がどんどん形を変えていて楽しめたが、綺麗な富士山を見ることはできなかった。

先日お伝えしたハマヒルガオだが、そろそろ終焉を迎えているようにも見えた。

今週の残りの日は天気が良くないので、これが見納めかもしれない。

雲が良い感じだったので、一緒に撮影しようと試みたが、手持ちのレンズでは手狭だった。

さらには、寄れなかった。

むりくり一枚におさめて見た。

20220511-enoshima702_00020

2022年5月 9日 (月)

GWを終えて

結局、遠出をせずに終えてしまったGW。

皆が休みだとどうしてもどこもかしこも混んでしまって。

そして疲れてしまう。

鳩も水飲み場でのんびり。

そして亀は甲羅干し。

この亀はどうやってここに登ったのだろうか。

のぼりたそうにしている亀が、見上げている。

毎年カルガモ親子がいる公園。

流石に少し早いと思いつつも様子を探してみたが、やっぱコガモはまだのようだ。

20220508-hato501_00017

20220508-kame501_00018

2022年5月 8日 (日)

今日の江の島

随分賑やかになってきたようだ。

ビーチバレーにしては・・・と思っていたら、フリスビーを使ったアメフトのような競技だった。

知らなかったのは自分だけか・・・意外とメジャーなようで、会場は賑わっていた。

見ていてもなかなか面白そうだし、何より運動量がそれなりにありそう。

少し興味を持ってしまった。

風が少し冷たく、じっとしているのには辛いものがあった。

お日様、富士山が出そうになかったので、早々に帰宅した。

※写真は競技の合間を縫って(?)の”達磨さんが転んだ”の様子

20220508-enoshima701_00014

2022年5月 6日 (金)

今日の富士山

天気が良くなかったので、富士山は見られないかと思っていた。

野暮用を済ませた後、富士山の見える場所へ行ったら、うっすら見えるではないか。

急いで散歩に出発。

出発が相当遅かったので、日没ギリギリとなった。

明日は天気が悪いようだが、その影響か、雲がどんどんと変わっていく。

さっきまでほとんどなかったと思ったら、一気に増えて、また形を変えてと・・・。

飽きることのない富士山劇場だった。

 

20220506-enoshima511_00011

2022年5月 5日 (木)

今日の江の島

先日散歩していたら、蕾を見つけたことを思い出した。

そろそろ開花の頃と思い、鵠沼海岸側をぶらぶらしてみる。

やっぱ咲いていた。

生憎日が陰ってしまったが、雰囲気は伝わると思う。

鵠沼海岸には、ビーチバレーのコートができており、早くも夏っぽさを感じる。

これからの土日は、気温が上がれば、賑わうことだろう。

20220505-enoshima507_00007

こどもの日

最近、自分の住んでいる街では、ほとんど見ることのなくなった鯉のぼり。

地方に勤務していた時は、たまに心地よさそうに泳いでいる姿を目撃していた。

最近では、イベントで多くの鯉が競って泳いでいる様子を見かける。

この日も朝のうちは、ぐったりしていた鯉たちだが、暖かくなるにつれ風が吹き始めた。

我先にと泳ぎ始めた鯉たちだった。

20220423-koinobori802_00073

「お散歩景色 〜江ノ島編〜」 画像追加

江の島散歩写真を追加しました。

以下URLにて。

お時間のございます際に、ご覧いただければ幸いです。

 

URL: https://img.gg/d09dOFt

 

 

 

2022年5月 4日 (水)

今日の江の島

久々になってしまったような気がする江の島散歩。

昨日の芦ノ湖ハイキングで疲れた体を軽く動かすため、江の島までぶらぶらと。

江の島に渡る橋は車も人もごった返している。

昨日、江ノ電の駅への入場規制をしているとニュースで伝えていたのも頷ける。

おそらく、今日はそこまではないように思えるが、4両編成で家の合間を縫うように走る江ノ電。

行楽日和の輸送力はちょっと厳しいようだ。

小田急も先のダイヤ改正で、新宿方面から来られる場合、片瀬江ノ島へは藤沢乗り換えが原則となる。

夏休みに入れば、多少の臨時列車が新宿と直通運転をするのかは分からないが、ちょっと不便かもしれない。

富士山はうっすら。なんとなく面影が見える。

普段江ノ島から富士山を見たことがない方々には、その存在は気づかなかったことだろう。

日が沈むまで待つか悩んだが、今日は風が強い。

砂を舞い上げるだけでなく、意外と冷たいので、日が暮れる前に帰宅することとした。

以前お伝えした西浜に積まれた山のような砂は、ちょうど良い感じで、ならされていた。

これなら納得の仕上げであった。

写真は東浜の様子だ。

西浜と比べると浜が少し広いので、少し余裕があるようだ。

20220504-enoshima702_00004

 

2022年5月 3日 (火)

芦ノ湖一周の散歩へ Let's Go !

富士山はよく見えなかったが、新緑の季節を無駄にしないように。

と、箱根は芦ノ湖に向かった。

以前から気になっていた、芦ノ湖一周の散歩をすることにした。

桃源台から西岸を歩き、東岸で戻ってくる、反時計回りの散歩だ。

ほとんどすれ違う方もおらず、黙々と歩き続けた。

杉の合間からさす日差しが、新緑を照らし綺麗だった。

まだ桜が咲いているようで、時折、桜の花びらが舞い落ちてきた。

そして、つつじも見頃だった(少し早め)。

約6時間半ほど(食事時間込み)で一周することができた。

九頭竜神社にも寄ってみた。

箱根神社ほどではないにせよ、多くの方が参拝に訪れていた。

20220503-ashinoko601_00002

20220503-ashinoko606_00007

20220503-ashinoko628_00029

« 2022年4月 | トップページ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ