無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年5月10日 (水)

明日香村へ Let's Go !

5月5日はこどもの日。

とても良い天気、しかもよく6日は曇のち雨の予報。
ぶらっと歩いてみたいと思っていた明日香村へと出かけた。
この村は、西国三十三カ所を回ったときに訪れ、何とも独特の雰囲気のある町だったので、また訪れてみたいと思っていた。
古墳が多いのはこの辺の特徴かもしれないが、歴史に疎い自分はこんなに有名な処ががあるとは思わなかった。
キトラ古墳、高松塚古墳、石舞台古墳、橘寺、飛鳥寺と・・・(ただ、残念ながらその詳細は知らない)。
ブラブラ歩くこと約6時間、明日香村を楽しんだが、まだ時間が足らないようだ。
ちょうど田んぼに水が入るか入らないかの季節。
もう少し青くなる次の機会にまたブラブラするのも良いだろう。
とても魅力的な村であった。
 
20170505_asuka807_061

2017年5月 9日 (火)

多度祭(上げ馬神事)へ Let's Go !

このGWに一日だけ行ってみたいところがあるとしていたのは、このお祭りである。

昨年のGWのニュースで伝えていたので、是非見てみたいと思っていた。
待つこと1年。ちゃんとカレンダーに忘れないようにメモしていた。
神社の下から馬が駆け上がる様子を見ていた。
馬場に沿って有料席があるため、一般人は馬が見えるのは最後の絶壁を駆け上がるところのみとなる。
馬の細い足でよく怪我をしないものだと思っていた。
後半からは駆け上がってくるところを見るため神社の階段を上る。
上がってきた馬を見るとやはり、血を流していたり、骨折と思われる馬がいたりと・・・痛さ(?)で暴れる馬だが、その瞳はつぶら。
お祭りを楽しんではいるものの、ちょっと複雑。
 
20170504_tado7151

2017年5月 8日 (月)

潮干祭へ Let's Go !

やることのない初日。

刈谷でお祭りがある様なので、ぶらっと出かけついでに武豊線となるものも乗ってみようかと・・・。
武豊線は半田の方へ行く路線で、半田には色々ありそう。
ネットで調べると半田のお祭りがある様だったので、そちらへと変更した。
何でも山車を海に曳き込むらしい。
実際見てみると海へ入れるには砂浜を曳く必要があり、これが意外と大変そうだ。
一度山車が止まると身動きが取れない状況が続く。
以前、御神輿を川に入れるのを秩父で見たが山車ははじめて。
どの山車も歴史あるものらしいが、毎年繰り返されているこのお祭りを見られただけでも満足だった。
半田の町は意外とひっそりでよい感じ。
ミツカンミュージアムへ行ってみたが、完全予約制。
ただ、7日(?)は予約不要とのこと。
仕方なく、赤煉瓦へ方針転換。
赤煉瓦と言えば横浜を思い出すが、結構赤煉瓦が残っていることが分かった。
いちばん見事なのは、奈良刑務所(?)で、とても綺麗なレイアウトであった。
さて、この赤煉瓦はカブトビールなるビール会社の建屋とのこと。
帰りにお酒を飲まない私が、ビールを購入してきた。
建物維持のための寄付金との考えだ。
 
20170503_handa7101

2017年4月25日 (火)

立山へ Let's Go !

松本から立山へ向けてさらに移動した。

現地に着いたのは0時を回っていたが、周囲の車は既に凍っていた。
夜が明けて室堂へ。
朝から人が多い。
亀和をもってブラブラする人、山頂を目指す人、その目的はまちまちだ。
この日は、穏やかで、雲一つ無い青空。
ぽかぽか陽気で、とても過ごしやすかった。
 
20170423_murodou302_141

2017年4月22日 (土)

美作滝尾駅へ

こちらを訪れたのは冬。
1〜2時間に1本しか列車がないので、一度降りると大変なことになる。
桜のシーズンならのんびりと時間を過ごすこともできるが、冬場はそうはいかない。
そんなことを承知して、美作滝尾と知和で下車すると行った、何とも無謀な事をしたものだと自分の愚かさを振り返る。
冬と春とではこうも景色が違うのか・・・と思う程、いろいろな色で満ちあふれていた。
 
20170416_mimasakatakio701_351

2017年4月21日 (金)

津山機関庫へ

JR津山駅の近くに、扇形機関庫が残っている。

以前訪れた時は、冬。
美作滝尾へ行くついでのちょっと覗いてみた。
運悪く改装中だった。
2016年4月にリニューアルオープンしたとのこと。
醍醐桜を見学後、早々に高速に乗り帰宅をやめ、少し足を伸ばして津山を訪れた。
リニア館や鉄道博物館と比べれば規模は小さいが、このような遺産を間近に見られるところはほとんど無く、京都の梅小路くらいではないだろうか。
 
20170416_tsuyama301_401

2017年4月18日 (火)

明延鉱山へ Let's Go !

明延鉱山へ行こうか、生野銀山へ行こうか悩んだが、折角なので一円電車を見に明延鉱山へ車を走らせた。

残念なことにひっそりとしていたが、すれ違ったおばあさんに挨拶をするとしばらく色々話をしてくれた。おばあさん曰く、自宅の裏の桜は綺麗とのこと。裏手は川に面しているので、二階から見るんだけど・・・年を取ってなかなか見られない、っと。
足尾銅山が好きで、栃木にいた頃は、よく足を運んでいたが、明延鉱山の町は足尾おりも小さめのようだが、それでも小さな町にいろいろな施設がそろっていたようだ。
しばらく、鉱山で栄えていただろう町をブラブラして、現在の日本を築いた先人達の苦労を何となく感じるのだった。
 
20170415_kouzan1_2

2017年4月 5日 (水)

犬山祭へ Let's Go !

さて、お目当ての犬山祭だが、今回はNikon D700にAi-s Nikkor 50mmf1.4を持ち出した。

夜の撮影がメインなので、単焦点の明るいレンズが良いだろうと思ってのレンズ選択だったが、やはりもう少し持って行けば良かったと反省。
ただ、1.4の明るさにおいてもぶれている写真ばかりで、ぶれていない写真を探すのに苦労した。もう少し感度を上げれば良かったのだが、フィルム時代を生きてきた人間にはこの決断は思った以上に悩むところだ。
次回行くときがあれば、もう少し感度を上げたいと思う。
それと、マニュアル時代のレンズは、ピントリングの回転の適度なトルクが気持ちよいことも改めて認識した。
さてさて、夜の山車は、提灯の灯火がゆらゆら揺れてとても幻想的だった。ろうそくならではの揺らぎなのだろう。
 
20170402_inuyama2021
 
20170402_inuyama7011

2017年4月 4日 (火)

つくしんぼ

4月2日の日曜は犬山祭を見に行った。

昨年に続くものだが、昨年は天気が悪く夜の山車を見ずに帰宅した。
今年は、これを狙いに出かけた。
犬山周辺には、田んぼが残っており、ツクシを見つけた。
ライブビューがないカメラで、エイやーの撮影の割にはよく写っていると思い、ブログにアップしてしまった。
 
20170402_inuyama2011

2017年4月 2日 (日)

護国神社

なかなかブラブラしないところに神社があった。

ちょっと覗くとこちらにも桜があったので、ちょっと寄り道。
こちらも満開までは遠いが、名古屋城よりも花をつけているようだ。
 
20170401_nagoya7021

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31